トラブルを避けつつ大事なお墓を墓じまいにするための要点とは

お墓

墓じまいのポイントは

墓じまいをしようとしているのであればまずはそもそもどこに骨を持っていくのかというのをよく考えることです。違うところに埋葬するのであれば実は何度か役所を往復することになります。遺骨というのは適当に埋めることはできないようになっていますか…

墓じまいにあったって

お供え物の花

お墓は、大切なご先祖様が眠るとこです。そんなお墓も少子化の昨今、やむ終えず墓じまいをせざる負えなくなっているケースが多々あります。永代供養をする方が増えてきていますが、なにせ情報が少ないためお寺さんに相談しながら進める作業になります。残念なことにトラブルになってしまうケースも少なからずあるようです。そこで、トラブルなくスムーズに進めることが出来るように初歩的な点をまとめていきたいと思います。
はじめにお墓の中に眠る遺骨をどうするかを親族ときちんと話し合い、情報共有をすることが大事です。これはとても大切なことで、そもそも「聞いてなかったよー」ということの無いようにするためのものです。墓じまいにはいろいろなやり方がありますが、そもそも話を聞かずに事を進められてしまっては過敏に反応する人が出てきたりもします。やはり一声かけるは鉄則ですね。
次に墓じまいにもいろいろなやり方があるので、宗派によってはどのように進めればよいのかをお寺さんや神社に相談されることをお勧めします。お墓の撤去方法をお寺に一度聞いて確認することをお勧めします。お寺によっては指定の業者で‥という場合もあります。もし指定業者はないという返答であればご自身で業者を探すこととなります。大切な先祖の眠るお墓、スムーズに事を進めるためにも情報収集を万全に、そして周囲の親族に一声かけるというのは鉄則ですね。

大事なお墓だから「墓じまい」という選択

近年、墓じまいを選択するご家庭が増えている傾向にあります。お墓といえば先祖代々のお骨が納められており、お盆やお彼岸に家族で墓参りをするものでしたが、ここ最近は少子化が進んでいるため、お墓を継承する者がいなくなってしまうのではという不安や子孫に負担をかけない様にするために墓じまいが検討されているのです。お墓の継承者がいなくなってしまうと、お墓はどうなってしまうのかといえば、無縁墓として最終的にはお墓は撤去、お骨は他の無縁墓となったお骨と一緒に合祀墓に埋葬されます。
墓じまいをするとなれば、お骨は永代供養、散骨、納骨堂、手元供養などの選択肢があります。永代供養の場合は管理費がかかりませんし、骨壺の水抜きをして綺麗にします。散骨の場合は管理費がかからず、遺骨を乾燥させて粉骨します。納骨堂の場合は永代使用料と年間管理費が発生します。洗骨、殺菌をして新しい骨壺に入れます。
自元供養の場合は管理費などのお金がかかりません。骨壺の水抜きをして洗骨、乾燥させて真空パックに入れます。墓じまいの流れをお伝えしておきます。お骨の行き先を決定したら、身内できちんと話して理解を得て、墓地の管理者に連絡をします。そして役所にて改葬許可申請をし、お墓の撤去業者と日時を決定します。この手順で墓じまいを行います。大事なお墓ですから自分の時間や経済的に余裕がある時に「墓じまい」を検討することも一つの手段です。

トラブルなく墓じまいをしよう

お墓を守ることと言うのは代々受け継がれてくることなのですが、今の日本は子供のいない家庭も少なくなく、また少子化も進んでいるということもあって、これまでの様にお墓を継承するということが難しくなりつつあります。自分のいなくなった後のお墓をどうするのか、または子供たちに負担をかけない様にどうするのかという悩みを抱える人が増えてきている中、今「墓じまい」を検討する人が増えています。
墓じまいとは、永代供養や散骨などいくつかの方法がありますが、大事なお墓の形態を変えるということになりますので、場合によってはトラブルが生じてしまうこともあります。そんなトラブルを起こさない様、前もって丁寧な準備をして墓じまいをする様にしましょう。墓じまいで起こり得るトラブルについて説明していきます。親族間のトラブルお墓を継いでいるからといっても、やはり親戚にとっても大切なお墓になりますので、事前にきちんと説明して、納得してもらった上で墓じまいをする様にしましょう。
寺院とのトラブルお墓のあった寺院を出る場合、離檀料を納めることになりますが、明確な金額がなく高額を請求されることもあります。また、墓石を撤去にあたっても、提携している石材店の利用しかできず高い費用がかかるということもあります。事前に話し合うことでも解決できない場合は、行政書士に仲介に入ってもらいましょう。先祖の眠る大切なお墓ですから、トラブルがない様に心がけて行う様にしましょう。

墓じまいに必要な基本的手続きは?

子供がいない方やいても女性しかいない方など、家を継ぐ人がいないことも増えています。先祖代々のお墓について、気になっている方も多いのではないのでしょうか。管理する人間がいないと、そのまま無縁墓になってしまいます。そのような時に考えるのが、墓じまいです。 では、墓じまいに必要な手続きとは、どういったものなのでしょうか。まずは、遺骨をどうするか、決めることになると思います。樹木葬や永代供養を考えている場合は、受け入れ先から受入証明書を貰ってきましょう。その後、現在お墓を管理している所から、埋蔵証明書を貰ってきてください。これらを揃えたうえで、改葬許可申請書に必要事項を記入して、市役所や区役所に提出しましょう。 改葬許可書を貰って初めて、墓じまいを行うことができます。また、遺骨の数だけ改葬許可書も必要なので、申請もまとめて行ってください。改葬許可証は、自宅供養や散骨の場合も必要です。ただ、散骨は場所によっては許可されない可能性もあるので、事前に確認しておきましょう。墓じまいを行うときに、改葬許可証を墓地を管理している人に見せてください。その後墓じまいを行った後、埋葬先に改葬許可証を渡しましょう。スムーズに墓じまいをできるように、必要な手続きを行いましょう。

墓じまいに必要な手続きについて

墓じまいとは今のお墓を撤去して、遺骨を別のお墓へと移す、もしくは永代供養墓地にすることです。「廃墓」とも呼ばれます。お墓を受け継いで守る人がいない、遠くてお墓参りへ行けないなど、現代の事情に合わせこのような方法を選ぶ方が増えてきました。お墓を放置したままにしておくといずれは無縁仏として扱われ、遺骨は他人のものと合わせて合祀墓へと移されてしまうからです。墓じまいは先祖代々の供養が途絶えてしまうという寂しい状況を防ぐための、有効な選択肢の一つといえるでしょう。墓じまいには手続きが必要となります。まず墓地の管理者に墓じまいの了解を得ます。次に抜根式を行い、遺骨を元のお墓から取り出します。そしてお墓の閉眼供養を執り行い、ようやく墓地や墓石の撤去へと至るのです。この所定の手続きは、墓地埋葬法で定められています。移転先のお墓も決めておく必要があります。移転先に関しても、別途手続きが必要です。移転先の証明書を取得したら、元のお墓がある市町村の役場にて取得した「改葬許可申請書」に元のお墓の管理者に必要事項を記入してもらいます。そして取得した書類を移転先の市町村役場へ提出して受け取った「改葬許可証」を移転先の管理者に提出して、ようやく手続きが完了します。

TOPIC MENU UPDATEPOST
御霊前

墓じまいのポイントは

墓じまいをしようとしているのであればまずはそもそもどこに骨を持っていくのかというのをよく考える…

MORE ▶

十字架

墓じまいに関する要点とは

老齢になってきますと遠方の墓参りがとつも辛くなります。そうした人たちが墓じまいを検討するのも仕…

MORE ▶

手を合わせて拝む

墓じまいにおけるポイントとは

墓じまいはそれこそ意外と簡単にできる行為ではあるのですが、問題はいくつかあるのです。まず、遺骨…

MORE ▶

墓石

墓じまいの理由とやり方について

墓というのは後継者に受け継がせることができます。それでも墓というのは意外と費用がかかりますし、…

MORE ▶